Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ダーリー・ダイアリー

僕だから書けること

2017年 パリの年間のイベントまとめ

音楽、食事、お酒が大好きな筆者が2017年のパリのイベントをまとめてみた。

観光客にも、パリ住みの人も参考にしてくれたら嬉しいです。

1月

冬の大セール「ソルド(SOLDE)」

ギャラリー・ラファイエットなど有名デパートから、マレ地区などにある小さなブティックまで、全ての店が参加する冬の大セール「ソルド(SOLDE)」。 有名ブランドがすごく安く手に入る。 最初の時期はたくさんの商品があるけど、最後の時期まで待てば値引きがどんどんされていく。 一番のオススメはソルドが始まって、2〜3週間後に行くこと。 それと、休日はものすごく混んでいるので避けること。最後の日なんかに行ったら、もうソルドが終わっているブティックもたくさんあるから。

2017年は1月11日から2月21日まで。

 

#soldes #soldes2016 #chien #dog #chat #cat #animaldecompagnie http://www.azoo.be/fr/catalog-8/soldes

A photo posted by AZOObe (@azoobelgique) on

 

2月

フランスの食文化を勉強する「国際農業見本市(Salon international de l’agriculture)」

チーズ、牛、野菜、フルーツなど様々な畜産物、農産物を美味しく生産する農業大国フランス。 コンテのチーズ、バスクの鴨、ブルターニュのカキ、コルシカのハムなどが一度に見れる。

牛や豚が生きたまま展示されていて、酪農家の仕事が見れたり、野菜などの生産者から育て方のコツや他の地域のものとの違いなど色々な話が聞ける。

2017年は2月25日から3月5日まで。

 

Je suis éleveur / je meurs #eleveursencolere #salonagriculture

A photo posted by Stéphane Riss (@stephaneriss) on

パリで祝う旧正月「Nouvel an Chinois」

なんで、パリで中国の旧正月を日本人が祝うんだって!? Place d'italieはパリの中でも一番大きいチャイナタウン。 そこで行われる旧正月は祭りのようだ。彼らのカーニバルのようなお正月は行ってみたら面白い。

2017年2月5日(日曜日)

 

ワインの試飲会「サロン・ド・ヴァン(Salon des Vins des Vignerons Indépendants)」

フランスに来たんだから、ワインでも勉強してみたい。 けど、1日に開けれるのはせいぜい1本。頑張っても2本。飲み比べが気軽にできたらな~、と思っている人は、是非行くべきイベント。 全国から1000件を超える生産者が参加するワインの試飲会。 生産地の違いを感じたっていい。1つのドメーヌで、ビンテージの作り出す味の違いや、セパージュ(品種)の違いを見るのも楽しいだろう。

気に入ったワインがあったら買えるように、スーツケースなど大きなバッグを持っていこう。

2017年は2月24日から27日まで

 

 

5月

サンジェルマン・デ・プレ ジャズフェスティバル

パリの街は忙しい。たまにはジャズを聞いて、ゆったり、うっとりした気分になりたい。 そう思っている人はたくさんいるから、ジャズフェスがたくさんあるのだろう。

左岸を代表するシックな商業地域、サンジェルマン・デ・プレ。 筆者もよくここに飲みに出歩いた。美味しいレストランやバーが並び、観光客と地元民の両方が集まる、賑やかだけど大人の雰囲気な地区。

街中のいたるところで、世界中から有名なアーティストがジャズ、ファンク、ソウルなどを演奏する。

チケットの予約を忘れないこと。

2017年は5月11日から12日まで。 http://festivaljazzsaintgermainparis.com/home/

 

 

6月

チャリティーフェスだけど、すごく本格的「ソリデイ(Soliday)」

ブローニュの森で行われるエイズ撲滅のチャリティーフェス。普通のフェスと変わらず、三日間とても盛り上がる。

ロック、エレクトロ、ジャズ、テクノ、様々なジャンルの有名アーティストが世界中から参加。

2017年は6月23日から25日まで

http://www.solidays.org/

 

 

 

夏の大セール「ソルド(SOLDE)」

内容は冬と同じ。

2017年は6月28日から8月3日まで。

 

7月

音楽の祭典「フェット・ドゥ・ラ・ミュージック(The Fête de la Musique)」

パリに住んだことある人なら、この日が一番好きなはず。 街中どこに行っても音楽な鳴り響く。 自分の好きな音楽を探しに、歩き回ってもいいだろう。

筆者のオススメはモンマルトル。

2017年は7月21日

 

 

日本のオタク文化はもはや世界のもの!?「ジャパンエキスポ」

ヨーロッパ最大のジャパンカルチャーイベント。 日本で始まり、ヨーロッパで独自の進化をとげたアニメカルチャーを楽しめる。

2017年は7月6日から9日に開催予定

http://www.japan-expo-paris.com/en/

 

 

月明かりの下で映画を楽しもう「CINÉMA EN PLEIN AIR

パリだって夏は暑い。けど、エアコンは無い。 そんな日には夕方外にでて、涼みながら映画なりピクニックなりしたいはず。 そこで「CINÉMA EN PLEIN AIR

ラ・ヴィレット公園(Parc de la Villette)の大きい芝生の敷地に巨大なスクリーンを設置し、映画を無料で公開。みんなビールなりワインなりを持ち込んで、寝っ転がって映画を楽しむ。 レジャーマットなど、芝生の上に敷くものを忘れずに。

2017年日程はまだ未定 2016年は7月13日から8月21日。

 

 

8月

パリ最大のロックフェス「ロック・オン・セーヌ (Rock en Seine)」

毎年世界中から超有名アーティストが参加する。

オアシスがバックレて、解散した有名な場所でもある。 サン・クルー公園で開催。

2017年は8月25日、26日、27日。 http://www.rockenseine.com/

 

 

ハイレベルなジャズ・フェス(ジャズ・ア・ラビレット (Jazz à la Villette)

ラ・ヴィレット公園で行われるジャズフェスティバル。 2016年にはチック・コリア、アーネスト・ラングリンなど、NASなど大物が集まった。

2017年日程未定。 2016年は8月30日から9月11日に開催。

 

 

9月

普段は公開していない文化遺産にも訪問できる「ヨーロッパ文化遺産の日(Journées Européennes du Patrimoine)」

パリ市庁舎やエリゼ宮など普段は一般に後悔されていないが、有名な文化遺産にも入れる唯一の週末。

地元民も楽しみにしているので、ものすごく並ぶが、後悔することは無いだろう。 今でも使われているがとても豪華な、国会議事堂や市庁舎は見学するべし。

2017年は9月17日、18日。

 

A photo posted by Aurore Cuyala (@aurorecuyala) on

 

パリから少し距離はあるが絶対オススメ「光の祭典(Fête de la Lumière)」

光の祭典はリヨンのものが有名だが、パリ近郊都市シャルトルも負けていない。

シャルトルの大聖堂を中心として街中に輝くイルミネーション。音楽に合わせたプロジェクトマッピングやレーザービームなど、歩いているだけでものすごく楽しい。

シャルトルはパリから電車SNCFで約1時間。

2017年日程未定。 2016年は9月17日開催。

 

Oh! #chartres #cathedraledechartres #chartresenlumières

A photo posted by Nathalie van Plakwerk (@plakwerkster) on

 

この日のパリは騒がしい。パリ街中がクラブと化ける「テクノパレード」

ものすごい量のスピーカーを積んだ何台ものトラックがDJやその友達?(笑)と街中をパレードする。2016年はルーブルからバスティーユ広場へ昼の12時から夕方7時まで街中を賑わせた。 各トラックごとに音楽が違うので、自分の好きなトラックを見つけて、一緒に踊ろう。

2017年日程未定。 2016年は9月24日開催。

 

A video posted by De Liz (@de_liz) on

 

パリに残る、唯一のブドウ畑の収穫祭「フェテ・デ・ヴァンダンジュ・ド・モンマルトル (Fête des vendanges de Montmartre)」

モンマルトルにあるパリ唯一のブドウ畑の収穫祭。畑は1つですが、そんなことは関係ない。 パリの祭りは何が理由であれ盛り上がるのだ。

中世の衣装を着たパレードや花火、屋台などもたくさん出ていてとても賑やか。 サクレクールの下で飲むワインは、どんな味でも気分はいい。 冷静に飲むと…

2017年日程未定 2016年は10月5日から9日開催

  Fête des vendanges de Montmartre #4, Paris, 2010

 

この日は子供も夜更かしOK!?パリの白夜祭「ニュイ・ブランシュ (Nuit Blanche)」

日が落ち夜になると、パリの20箇所以上もあるイベント会場で、光のアートを楽しめる。 この日はみんなワインなどを飲み歩きしながら、気になる会場へ行く人が多い。

2017年10月7日開催予定

 

A photo posted by ✈AΑ (@aa_huntingcolours) on

 

11月

ワインの試飲会「サロン・ド・ヴァン (Salon de Vin)」

3月のものと内容は同じだが、11月版。 冬を乗り越えるためにも、赤ワインをたくさん買うべし。

2016年は11月24日から28日まで

 

12月

寒い夜でも心はポカポカ「クリスマスマーケット(Marchés de Noël)」

まるで絵本の中にでも入ったかのようなヨーロッパのクリスマスマーケット。 パリは本場では無いが、力をとても入れている。

シャンゼリゼ通りやエッフェル塔前、ラディフォンスなどの大規模なクリスマスマーケットは、子供も大人も楽しめる。 日が落ちてから行けば、キラキラとしたイルミネーションがとても綺麗だ。

11月下旬からクリスマスあたりまで開催

 

A photo posted by JR Schwarz (@jrschwarz) on

Remove all ads