ダーリー・ダイアリー

僕だから書けること

本場の地中海料理を食べまわり、長年向こうの食材で料理をしてきた僕の「洋食を作る3つのポイント」【超初心者向け】

f:id:darlie-daiary:20170617080140j:plain

どうも、料理はまあまあ得意と思っているダーリーです。

この前、バーベキューでお豆のサラダ作ったら大好評でした。

けどそのサラダ、スーパーで適当に食材見ながら考えた、めっちゃ簡単なサラダなんです。フランス長く住んでたから、ハーブとか使ってて、日本人には珍しい味だったぽいんですが…と言っても、パセリだからね。僕にはいたって普通なサラダでした。

みんな、レシピ教えて!って聞いてくれて嬉しかったんだけど、ただ混ぜただけだから、レシピなんて無いんですよね。まあ、材料だけ教えておいたんですが…

後日、俺のレシピ作ってくれた女の子が連絡してくれました。けど、あまり美味しくできなかったと。

「混ぜるだけじゃん…」

なーんて思ったけど、話しを聞いたらちょっと違いに気づきました。

 

今日紹介するポイントに注意すると、ワンランク上の洋食の味ができるかも!

超簡単です。しかも、地球に優しい!

 

1.フレッシュな食材を使う

Salad Plate - Brunswick Street Alimentari AUD10

友人の失敗原因1はパセリです。なんと、乾燥パセリ使っちゃいました。

せっかくフレッシュなサラダだったのに、乾燥パセリじゃフレッシュな感じがでてきません。

しかも、レモン汁はポッカレモン。僕あれ、あんま好きじゃないです。本物のレモン汁の方が全然フレッシュな味と香りです。

香りが大切なものは、新鮮な物を使いましょう。ちょっと値段するかもしれませんが、せめて誰かに振る舞う時、ちょっと本気出しちゃうときなんかは意識してみて下さい!

 

2.調味料はフレッシュにキープできる量を買う

Olive Oil

失敗原因第2はオリーブオイルです。なんと、開封後1年以上もたっているオリーブオイルを使ってました!オリーブオイルは開封したり、日光に当てると酸化します。つまり、身体に悪くなります。しかも、味や香りはとても悪化します。

イタリアなど地中海に行くと、テーブルにパンとオリーブオイルが出てくることがあります。バターみたく、オリーブオイルをパンに塗って食べるんですね。そのオリーブオイルが香りがよく、味もまろやかで美味しいお店は、料理も美味しかったり。

イタリア料理なんて、そんなに材料使わないのに、激ウマなんですよね。トマトパスタなんて、トマトとバジルとオリーブオイルだけなのに美味しい。その理由の1つがオリーブオイルだと思います。オリーブの質はもちろんいいのだけど、とても新鮮でパスタがとてもまろやかで香り高い。

 

そもそもオリーブオイルを使わない家庭だから1年たっても使い切れなかったんですよね。もっと小さいの買いましょう。割高と感じるかもしれませんが、そんなに変わらないですし、健康や味も考えれば納得頂けるのではないでしょうか。

 

3.お塩はナチュラルなやつで

Pimientos de Padrón

スペインでタパス食べると、ただの塩味なのになんでこんなに美味いんだろう、と思うことが多々ありました。

ある日ステーキを頼んだ時に、いろんな種類の塩がでてきたんですよ。黒い塩とかピンクの岩塩とか。トリュフとかの味がついてる訳ではなく、ただ生産地だとか作り方の違う塩。ただ、全部きれいに結晶化されていて、味もまろやかで美味しかったです。

そこで、僕は勝手に理解しました。スペインの人は塩にこだわってるんです。

例えば上の写真の僕の大好きな料理、ししとう(みたいなの)の素揚げ(pimientos de padrón)。絶対に結晶化された塩がついてきます。さらさらの精製塩とかないです。絶対これ。

天然の塩を使いましょう。味はまろやかになると思います。

お肉なんかの料理ではつぶつぶの粗い天然塩の方が、さらさらの精製塩よりも、味のメリハリがでて美味しいです。(お肉は胡椒も砕きたての、いい香りのするやつで!)

 

以上、超簡単ですよね。これを守れば、確実に一段階レベルが上がると思います。

ここからは余談。

日本の実家に戻ると、なんだか食生活が異常に感じた。保存食、冷凍食品。

さっきポッカレモン好きじゃないって書いたじゃないですか。あれ、ほんと味がおかしい気がするんですよ。

僕がフレッシュなレモンとかハーブが気になりだしたのって、お酒がきっかけなんです。自分でモヒートとか作ると、大切なのはラムだけじゃなくて、新鮮なミントとライム、それに砂糖だと気づきます。(ラムと砂糖の話しは置いといて)

モヒートでポッカレモンなんて使ったら絶対に変な味になるんですよね。多分飲めたもんじゃないです。

けどね、実家にはポッカレモンがあるんです。なんであるの?って聞くと、たまにレモンが使いたい時があると。もう開封して1年くらいたってるんですよ。滅多にないじゃないか。

そんな家庭、結構あるんじゃないでしょうか。

肉焼いたから、レモン汁変わりに使ってみたら、激マズで、最悪でした。ただ塩かけた方が全然美味しい。

そもそも、使う予定ほとんど無いんだから、けちんないで1個100円のレモンを買えよ、と思うのです。

オリーブオイル、ワインビネガー、冷凍ハーブ、乾燥ハーブ等々、同じような話しがあると思います。そもそもあまり使わないんだから、使う度に買ったほうが、美味しいし、健康的で、費用もそんなに変わらないと思います。

世の中、便利になりすぎて、大きい量とか、保存量たっぷりのものとか、化学調味料など、手に出しちゃうのは分かります。その方がお財布に経済的なこともあります。けど僕は、自然なものを自然に消費するのが一番美味しいし、健康的で、環境的で、食料難などの社会問題にも良いんじゃないかと思ってます。

そのためなら微々たる+αの費用、手間、努力にも価値があるのでは、と思うのです。 

 

 

Remove all ads