ダーリー・ダイアリー

僕だから書けること

どっちを使えばいいの!?クロストレーナーvsランニングマシン 

 f:id:darlie-daiary:20170620052722j:plain

クロストレーナーとランニングマシン。

ジムならどっちも置いてあるし、スピードも好きに調整できる。どっちも簡単そう。

どっちを使ったらいいの?

両方のマシンがジムにあるってことは、どっちも良し悪しあるんですね。

今日はクロストレーナーとランニングマシンの違い、自分の目的にあった選び方をまとえました。

クロストレーナーvsランニングマシン!

1.カロリー消費

f:id:darlie-daiary:20170620050615p:plain

両者、引き分け!

どちらのマシンも同じ時間使ったら、同じくらいのカロリー消費がされると言われています。

2.しんどさ

f:id:darlie-daiary:20170620050840p:plain

クロストレーナーの勝ち!同じカロリー消費なら、クロストレーナーの方が楽に感じると言われています。なので久しぶりに運動する人、運動苦手な人はクロストレーナーから始めるのがよいと思います。

自分も久しぶりに運動を始めた頃、クロストレーナーでどっと汗をかいて、カロリーカウンターみるとめっちゃ消費できてて嬉しかったです。

3.関節(ヒザなど)への負担

f:id:darlie-daiary:20170620051015j:plain

クロストレーナーの勝ち!クロストレーナーは常に浮いているので、ヒザや足の関節への負担が少ないです。

一方ランニングマシンや、単純にランニングは、全体重がすべて足にかかります。ジョギング時の関節にかかる衝撃は体重の24倍とも言われてます。怖いですよね。

自分はランニングでヒザいためたことがあるので、当分走ることできなくなったので、その頃はクロストレーナーで運動してました。

ただ、ランニングマシンも着地するベルトは地面よりもだいぶ柔らかいので、外で走るほど衝撃がかかりません。ですので、ランニングマシンで慣らすのもいいと思います。

4.骨が強くなるのは?

 

f:id:darlie-daiary:20170620051955p:plain

ランニングマシンの勝ちです!足への衝撃は、カルシウムを沈着させ骨を強くします。ですのでランニングマシンの方が、骨を上部にします。クロストレーナーばっかりやっている人も、ランニングマシンもトレーニングプランに入れることがオススメ

若いうちに骨を丈夫にして、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を予防しましょう。特に女性の方がかかりやすいので、注意してください。

5.鍛えられる筋肉の種類

f:id:darlie-daiary:20170620052523j:plain

クロストレーナーの勝ちです!ハンドルバーを押し込んで見て下さい。腕の筋肉や胸筋、背筋をしっかり使えます。また、後ろ回しで漕ぐと使う筋肉も変わり、ヒップアップ効果がありますよ!

まとめ

クロストレーナーの方が初心者向きですし、効率もよく身体を鍛えられることがわかりましたね。

ただ、ランニングマシンにもクロストレーナーには無い骨を丈夫にする効果がありました。また、外で走れるような身体を鍛え上げるためには、ランニングマシンの方が有効です。

どちらも使いこなして、健康的な身体に鍛え上げましょう!

 

クロストレーナーの使い方の記事を以前に書いたので、こちらも参考にしてください!

 

Remove all ads